治らないワキガはどうしたらいいの?

ワキガをケアする商品は、デオドラント剤や制汗スプレーなどいろいろなものがあります。

自分で出来そうなことは全て試してみたけれど、ワキガが改善しないという場合、ほかに改善の手段があるのでしょうか?

ワキガは時にほかの人への迷惑になることもあります。

また自分の強いコンプレックスになることもあり、どうしても改善したいという人は少なくありません。

そこで今回はセルフケアでは対処できないワキガについてご紹介します。

汗腺を破壊するマイクロ波をあてる治療

ワキガというのはアポクリン汗腺が原因になっていることがほとんど。

そのためこのアポクリン汗腺を治療により働きを抑えるといいのです。

そこで用いられる治療が、マイクロ波を照射する方法です。

外科的治療とは異なり皮膚の上から照射するだけなので、あとは残りません。

この治療を受けるとアポクリン汗腺が破壊され、汗をかく量が激減するのです。

その結果、ワキガを改善させることが出来るのです。

ボトックス注射で汗腺の活動を休止させる治療

ボトックス注射とはボツリヌス菌を皮膚に注射することです。

注射をするとボツリヌス菌の働きでその部分は一時的に筋肉麻痺を起こします。

筋肉麻痺がおこった部分の汗腺は活動が減退し汗をかかなくなるというメリットがあるのです。

汗をかかなくなるので、ワキガの原因がなくなり臭いをおさえることが出来ます。

このボトックスの効果は数カ月なので、その期間が過ぎるとまたワキガになる可能性はありますが、効果が切れると繰り返し同じ治療を受けることも可能です。

最終的にはワキガは外科的治療で治す

強力で治癒が難しいワキガには外科的治療が適応になります。

傷跡は少し残りますが、メスで開いてアポクリン腺を直接見ながら除去していくので、より確実でワキガが再発するということが少ない方法です。

まとめ

セルフケアで治らないワキガは、専門のクリニックで照射、注射、また外科的治療を受けて改善させる方法があります。

どの方法もまずは診察を受けカウンセリングを受けて納得して治療を始めることが大切です。

自分に合った治療法を選択することで、治らないワキガを改善させることが期待できます。

これまで何ともなかったのに、急にワキガになることってあるの?

これまで自分の臭いに気が付いたことはなかったけれど、急にワキガ様のするようになったという場合があります。

ワキガは体質も大きく関係しているので、これまでワキガではなかった人が急にワキガになるということは可能性が少ないです。

急にワキガになったのかも…という場合は、別の理由も考えられることがあります。

その1:汗をかく量が多かった

ワキという場所は、腕をおろしていると密着していますし、比較的汗をかきやすいところです。

また洋服でいつも保護されているので、蒸れも発生します。

また身体的に体温が上昇したりして発汗することもありますが、精神的に緊張や不安が強くなり、ワキに汗をかくということもあるのです。

そのためほかの身体の部分よりも汗をかくことが多い場合があり、それが原因で急にワキガ様の臭いがすることがあるのです。

その2:わき汗をかいてそのまま放置していた

ワキに汗をかいてそのまま放置していると、もともと皮膚上にいた雑菌がその汗を餌にして繁殖し、雑菌が増えることがあるのです。

雑菌が増えるということは、その周辺が不衛生になるということ。

そしてその環境は臭いを発生させることもあります。

そのために汗をかいてそのままにしておくと、強い臭いを感じてワキガになったかも…と不安になることがあるのです。

その3:食べたものが影響することも

動物性の脂肪を含む肉類や乳製品をたくさん取ると、アポクリン腺を刺激するので、臭いがきつくなるのです。

急にワキガになった?と感じた時には、食事の不摂生が続き、脂肪を取り過ぎた食生活になっている可能性があります。

まとめ

ワキガは一つの体質ですが、これまで臭いに気が付かなかった人も、自分はワキガかも…と思うこともあります。

その場合は、体の清潔を心掛け、食生活を見直してまずは体を整えるべきです。

そうすることによりワキガ様の臭いが軽減する場合もあるのです。

高校生でもワキガになるの?

今は体の成長が昔よりも早くなり、高校生に限らず、中学生でもワキガになることがあります。

ワキガになりやすい体質というのがありますが、それに加えて、思春期特有の理由からワキガになってしまうこともあるのです。

その理由をご紹介します。

思春期にはワキガに影響する汗腺が発達する

私たちがワキガになるのは、アポクリン汗腺の働きが活発になるから。

このアポクリン汗腺というのは、実は思春期に活性化してしまうのです。

思春期というのはホルモンのバランスが変化し、大きく体が変わる時。

それを第2次性徴期といいます。

この時体の外見上だけではなく実は汗腺なども大きく変化をするのです。

そのため思春期にアポクリン汗腺が活性化し、サラッとした汗とは違う、少しベタベタした汗をかくようになるのです。

汗腺が多いとワキガになるの?

私たちの身体には二つの汗腺があります。

エクリン汗腺アポクリン汗腺です。

エクリン汗腺は比較的サラッとした汗が出るのが特徴です。

一方アポクリン汗腺は、少し黄色のような汗、そしてべたついた汗が出るのが特徴です。

そしてべたついた汗のあるところに雑菌が繁殖して、それが原因でワキガになってしまうのです。

高校生は代謝が活発!だからこそ心掛けたい体の清潔

汗をかいてもすぐにワキガのような臭いがするわけではありません。

汗をかいたまま放置しておくと臭いの原因になるのです。

そのため、出来ればたくさん汗をかいたなと思った時には、脇の下を拭くというようなことを心掛けると良いです。

特に高校生は新陳代謝が活発です。

そのため大人よりもたくさん汗をかきますし、清潔に注意をしておくことがワキガ発生の予防になります。

まとめ

高校生でもワキガになる原因があれば、ワキガになる可能性も大きいです。

そのためには、汗をかいた後のケアが大切です。

それを心掛けることにより、いやな臭いを押さえることが出来るようになるのです。