治らないワキガはどうしたらいいの?

ワキガをケアする商品は、デオドラント剤や制汗スプレーなどいろいろなものがあります。

自分で出来そうなことは全て試してみたけれど、ワキガが改善しないという場合、ほかに改善の手段があるのでしょうか?

ワキガは時にほかの人への迷惑になることもあります。

また自分の強いコンプレックスになることもあり、どうしても改善したいという人は少なくありません。

そこで今回はセルフケアでは対処できないワキガについてご紹介します。

汗腺を破壊するマイクロ波をあてる治療

ワキガというのはアポクリン汗腺が原因になっていることがほとんど。

そのためこのアポクリン汗腺を治療により働きを抑えるといいのです。

そこで用いられる治療が、マイクロ波を照射する方法です。

外科的治療とは異なり皮膚の上から照射するだけなので、あとは残りません。

この治療を受けるとアポクリン汗腺が破壊され、汗をかく量が激減するのです。

その結果、ワキガを改善させることが出来るのです。

ボトックス注射で汗腺の活動を休止させる治療

ボトックス注射とはボツリヌス菌を皮膚に注射することです。

注射をするとボツリヌス菌の働きでその部分は一時的に筋肉麻痺を起こします。

筋肉麻痺がおこった部分の汗腺は活動が減退し汗をかかなくなるというメリットがあるのです。

汗をかかなくなるので、ワキガの原因がなくなり臭いをおさえることが出来ます。

このボトックスの効果は数カ月なので、その期間が過ぎるとまたワキガになる可能性はありますが、効果が切れると繰り返し同じ治療を受けることも可能です。

最終的にはワキガは外科的治療で治す

強力で治癒が難しいワキガには外科的治療が適応になります。

傷跡は少し残りますが、メスで開いてアポクリン腺を直接見ながら除去していくので、より確実でワキガが再発するということが少ない方法です。

まとめ

セルフケアで治らないワキガは、専門のクリニックで照射、注射、また外科的治療を受けて改善させる方法があります。

どの方法もまずは診察を受けカウンセリングを受けて納得して治療を始めることが大切です。

自分に合った治療法を選択することで、治らないワキガを改善させることが期待できます。